しみじみいただく春の滋味・・・・山菜を楽しむ春がきた

しみじみいただく春の滋味・・・・山菜を楽しむ春がきた

しみじみいただく春の滋味・・・・山菜を楽しむ春がきた

ここ数日ようやく春めいてきました。あちこちで満開の梅を見かけます。この数か月寒さや雪で野菜が高騰する中、八百屋さんの店先ではふきのとうやうど、たけのこなど山菜の一群を目にするようになりました。ほろ苦さや独特の香りは冬から春へと体を 目覚めさせてくれる不思議な力があるようです。これから伸びようとするエネルギーが伝わってきて見ているだけでも癒されます。そこで山菜を楽しむワークショップを企画しました。お申込み

 

ART+EATの素敵な空間も楽しんでいただけますよ。

「野菜の食卓」で取り上げた山菜と山菜のお料理の一部を写真でご紹介します。

 

〈ふきのとう〉

 

<行者にんにく>

 

<うるい>

 

<たらの芽>

 

<ふき>

 

<山うど>

 

<みず(うわばみそう)>

 

<わらび>

 

<根曲りだけ>

 

<孟宗だけ>

 

≪山菜のお料理≫

<ぜんまいの白和え>

 

<根曲りだけとみがきニシンの和え物>

 

<焼きたけのこのお花見弁当>

 

<たけのこの豆乳茶碗蒸し>

 

<ふきの煮物>

 

<うどの和風サラダ>

 

<ふきのとう入り蒸し物>

 

<行者ニンニクの卵どん>

 

<ふきのピクルス>

 

<ふきとかぶの胡麻煮>

 

<ふきのごまソース和え>

 

<うるいの卵とじ>