Category

地域貢献

自分を生かして地域で生きる若者たちは日本の希望のひかり

2014 May 26
5月25日NOP法人ETIC(エティック)が主宰する、地域仕掛け人市に参加してきました。このイベントは全国から地域で暮らし、働きたい若者・社会人の受け入れ支援機関が一同に会し、ブースを作って直接PRするというものです。関わっているあじたまレインボーの活動に活かせる事例を学びたいと参加してきました。 会場には当初予定していた300人はゆうに超え、500人もの熱気。夏休みを前に地方の企業でのインターシップ(就業体験)に興味を持っている学生がこんなにもいるという現実を目の当たりにしました。   前段では各ブースを紹介するショートプレゼンが   利益よりも目の前で地域が良くなっていく仕事、仕事と暮らしを分けるのではなく、暮らし方の延長に仕事がある、中小企業でも社長は人生の師匠と仰げる人、そんな人と一緒に働きたい、それがかなう場所なら出身県には必ずしもこだわらない。彼らは親の働きぶりを見て、大企業での安定した収入は必ずしも幸せと結びつかないと感じています。仕事に今までとは全く違った概念をもつ平成生まれの若者たち。彼らが時代を担う頃には日本も大きく変わるような期待を持ちます。 一方午前中のセミナーで何度も出てきた消滅可能性都市という言葉、人口1万人を切ると自治体は一気に人口が減っていき、行政として機能の維持が困難になる。2040年には全国1800自治体の30%近くが「消滅」してしまうおそれがあり、青森、岩手、秋田、山形、島根、の5県でその80%を占めるという。待ったなしに直面している北東北の人口減。残念ながらこのイベントで紹介されていたのは岩手、宮城の震災復興地域だけでした。 我が青森にも他県に負けないユニークで魅力的な企業や経営者はいるはず。青森で働いてみたいと思わせるような情報も欲しかった。あおもりっていいなあ(TV)編に載っているような、青森を楽しみ、働き、暮らしている人たちもいる。他人事のようですが、このような機会を捉え紹介してほしい思いました。   イベント終了後にはカリスマ地域コーディネイターや地域のづくりの活動から政治の道に進んだ若手県議や町議員も参加、彼らから直接話が聞ける交流会も大いに盛り上がりました。もちろん私も大変刺激を受けました。

母の日

2014 May 11
  今日は母の日。母が亡くなって10年以上たつのに年々母は近い存在になってきます。それは自分が年をとって母の老後に近くなったせいもあるでしょうが。最近の自分の写真は足の形や背中に母の老後の面影と重なりドキリとします。そして自分も年をとっていると気が付かされます。 40才で私を生んだ母はもの心ついた時から病弱で心臓の病気を患っていて、大人になるまでは生きていないと思っていました。子供ながらに頼れる存在というよりは守らなければいけない存在でした。大学時代に引っ越しの過労で倒れ集中治療室に運ばれ、明日をも知らない状態になった時がありました。母が62歳の時です。緊急手術でその時心臓にペースメーカーが入りました。病院の母はみるみる元気になり、日一日と回復していくのがわかりました。その回復度合いが驚くほどで、青春時代までさかのぼって若返ったようでした。体が元気になると気持ちまで前向きで積極的に変わりました。年を取るにつれ若若しくなっていく母が不思議でした。風邪ひとつひかず、寝込むこともなく、父が亡くなってからは、若い私たちと旅行や外食を楽しむようになりました。85歳で亡くなる直前までそんな日々が続きました。母を見ていたので、老後という言葉に全く暗いイメージがありません。 5月生まれの母の誕生日と母の日はいつも一緒にお祝いしていました。若いころは今年も母は生きていると不安な気持ちで迎えていた母の日ですが、いつしか今年も元気、素晴らしいと思いながら明るく迎えていた母の日。何よりも楽しく、美しく年を重ねることを身をもって教えてくれた母に感謝したいと思います。 今日中村ししさんが世界中のお母さんに向けて投稿したイラストです。
X