Category

野菜のお料理-春

筍(たけのこ)三昧の贅沢な日々

2013 May 05
ゴールデンウイーク前半、知人に筍狩りのお誘いを受けました。自宅に竹林があるという筍の掘り名人にアドバイスを受けながら、人生初筍狩りを体験しました。筍の穂先を発見したらまわりの土を掘り起し、ぶつぶつとした赤いいぼのような部分が出現したら「エイ」と釜を振り落とします。刃先の細い筍堀専用の釜をちょうどいい角度で入れられるようになるには年季がいるようです。思う存分筍を堀り、贅沢に筍を使った料理をいろいろ作ってみたいという長年の願いが今年叶いました。   【筍の木の芽和え】 繊細な穂先の食感と香りを木の芽の香りの味噌で。   八王子郊外の民家の前の竹林、この日は30人ほどが集まってバーベキューや豚汁、ホタテの貝焼きなど野外の料理をいただきながらワイワイと筍狩りに挑戦。   【筍と厚揚げの煮物】 出しの旨みが沁みて味わい深く、歯触りを楽しむ。   【筍の木の芽や焼き】 根元のかたい部分は切り目を入れてグリルで焼いて。   【筍のピクルス】 昆布の旨みが絡み、箸が進む和風の味。   【筍ときのこのクリームパスタ】 クリーム系のソースとも相性がいい。姫皮も無駄なく入れて。   口に含んだ時部位によって異なる食感や味わいの違いを楽しみました。茹でたものは水に浸し時々水を変えて冷蔵庫で保存、1週間から10日は日持ちします。筍で始まった今年のゴールデンウイーク、最終日の明日は筍ごはんを作る予定。たけのこづくしの贅沢な日々もいよいよ終了です。

しみじみいただく春の滋味・・・・山菜を楽しむ春がきた

2012 Mar 28
ここ数日ようやく春めいてきました。あちこちで満開の梅を見かけます。この数か月寒さや雪で野菜が高騰する中、八百屋さんの店先ではふきのとうやうど、たけのこなど山菜の一群を目にするようになりました。ほろ苦さや独特の香りは冬から春へと体を 目覚めさせてくれる不思議な力があるようです。これから伸びようとするエネルギーが伝わってきて見ているだけでも癒されます。そこで山菜を楽しむワークショップを企画しました。お申込み   ART+EATの素敵な空間も楽しんでいただけますよ。 「野菜の食卓」で取り上げた山菜と山菜のお料理の一部を写真でご紹介します。   〈ふきのとう〉   <行者にんにく>   <うるい>   <たらの芽>   <ふき>   <山うど>   <みず(うわばみそう)>   <わらび>   <根曲りだけ>   <孟宗だけ>   ≪山菜のお料理≫ <ぜんまいの白和え>   <根曲りだけとみがきニシンの和え物>   <焼きたけのこのお花見弁当>   <たけのこの豆乳茶碗蒸し>   <ふきの煮物>... Read More
X