ぬくもりエコバッグ

ワークショップ

ぬくもりエコバッグを作りたい人へお勧めするワークショップ

青山の東京ウィメンズプラザと池袋東武カルチュアスクールで月例のワークショップを開催しています。
白戸啓子手製の「新聞で作るぬくもりエコバッグ」のレシピに沿って折り方のコツをじっくり教えていきます。作品が効果的に映える絵柄の新聞を用意していますので初めての方でも仕上がりに高い満足感と達成感を得ることができます。
東京ウィメンズプラザで開催している「青山ぬくもりバッグコミニティ」ANCOは白戸啓子が小人数制で自主運営するワークショップです。出来上がった作品を前にくつろぎのコーヒータイムがあり、幅広く情報を得ることができます。
また「青山ぬくもりバッグコミニティ」のメンバーズ会員にはANCOカードを発行、楽しく続けることで作品ごとの絵柄の選び方などが自然に身につきます。

青山ぬくもりバッグコミニティANCO(東京ウィメンズプラザ)

きっちり基本とじっくりこだわりの2種のワークショップ
基本コース
基本をきっちり覚えたい方へ
(福丸シリーズやマルシェなど基本形を中心に)
毎月第1木曜日
昼14時~16時
夜18時45分~20時45分
参加費 2,800円(メンバー2,600円)
こだわりコース
少しひねったこだわりの作品をじっくり作りたい方へ
(アクア、ニュースリール、袷(あわせ)など基本+細部のこだわりの作品を中心に)
毎月第3木曜日
夜18時45分~20時45分
参加費 3,000円(メンバー2,800円)

東武カルチュアスクール

福丸など基本の作品とアクアなどこだわりの作品を交互に開催
毎月第3木曜日
昼13時30分~15時30分
参加費 3,800~4,500円
法人や団体向けワークショップは別途ご相談に応じます。お問合せフォームよりお問合せ下さい。

不定期に開催するワークショップ

決まり次第スケジュールでお知らせします。
天然酵母の人気のパン屋さんパンオスリール(渋谷)
不定期で年3回程度
(青山ぬくもりバッグコミニティの室外WSとして)
参加費 3,800円(メンバー3,600円)
おいしいパンの試食、コーヒー付き
クラフトの聖地TEORIYA(お茶の水)
春と秋の年2回
4月~6月と、10月~12月の間の第2土曜日一日
参加費 3,300円(メンバー3,100円)

ワークショップに参加をされる方へのご案内

東京ウィメンズプラザで開催している自主活動、「青山ぬくもりバッグコミニティ」のワークショップ以外は主催の企業や団体により参加費、特典等は決まります。そのため結果として出来上がり作品は同じでも会場により参加費や参加条件が違っている場合がありますのでご検討の上、お申込みください。
基本のワーク内容
  1. 新聞で作るぬくもりエコバッグいろいろ紹介
  2. 必要な道具類の説明
  3. 手順の説明
  4. 作品作り
  5. 仕上がった作品を見ながらのコーヒータイム
    (青山ぬくもりバッグコミニティ)
  6. 今日のワークショップの振り返り・コツ
  7. 次回作品の紹介
用意いただく道具類
  • はさみ
  • スティックのり
  • ボンド
  • 30㎝の竹の物差し
  • 洗濯ばさみ 4本
  • 直径 4〜5㎝の大きさのジャムなどのガラスビン
    (多面形のものを推奨します)
  • 筆記用具
  • ポケットティッシュ
こちらでご用意する道具類
  • 直径 8~10㎝の瓶(持ち手にカーブをつける)
  • 持ち手を巻く棒(直径 0.5㎝~1.2㎝)

出張ワークショップの依頼

場所をご用意いただければ1回2時間3万円の基本講師料(+教材費一人500円+出張諸経費)をいただければ個人でも団体でも1名~15名までまでのワークショップをいたします。カフェや雑貨屋さん、公共施設での開催が多いですが人数分の椅子と作業テーブル、作品の展示スペースがあればどこへでも出張いたします。ワークショップのご依頼はサイトのコンタクトページからご連絡ください。
これまで呼んでいただきワークショップを行いました(順不同)
  • さいたま市コミニティキャンバス浦和
  • ニンニクのよしだ屋(青森)
  • さいたま市クラフトカフェ
  • お茶の水TEORIYA
  • 小川町たまりんど
  • ときがわ町とうふ工房わたなべ
  • 自治労横浜女性部
  • 寄居町アトリエRIKA
  • 入間市文化創造アトリエアミーゴ
  • 国営武蔵丘陵森林公園
  • アーツ千代田
  • 渋谷パンオスリール
  • キッチンガーデン倶楽部
  • 馬喰町ART+EAT
  • 茂本ヒデキチ展覧会(渋谷PARCO)